GOOD WORK, GOOD FOOD お客様を第一に考え仕事に熱意を持って取り組める人材を広く募集しています。

  • この業界を選んだ理由は?

    私が学生の頃は、今の少子化と全く逆で、子供が多く、学校もクラスが非常に多い時代でした。就職相談担当の先生も、生徒ひとりに1社、会社を紹介するという感じで、偶然受けたのが入社のきっかけでした。(笑)
    見ていた業界は本当にざっくばらんでしたね。特に食品につきたいとか、そういったこだわりはなかったです。
    ひとつだけ言えるのは、当時、仕事は事務をやろうと思っていた。人見知りで、人前でしゃべるのも苦手で、それで第一希望も事務だったと記憶に残っています。人づきあいも不器用で、販売なんかは到底考えてもいなかった。昔はそういう性格でしたね。

  • A-1ベーカリーに就職してどうでしたか?

    実際就職してみて、自分の人生観がガラっと変化しました。忙しいけれど自由にトライさせてくれる社風のおかげだと思っています。
    最初は、のんびりして、どんくさかったから、よく叱られたりもしていました。やめようとか、仕事向いてないなとか思った事は、なかったですね。

  • エーワンベーカリーの魅力とは?

    30年位この会社に勤めて、一番に思うのは、マニュアルとか規則とか、細かい縛りというのが大手企業さんみたいにないことです。
    客観的に見ても自由さがあるんじゃないかな。店長としていろんな店を経験させてもらったり、平社員から主任、係長と進んできて、その時々の役職でも、自分の考えた商品企画、販売促進とか、意見を出して積極的に任せてもらえた。店舗においても同じ。こういう風にしていこうという決定権があった。
    そういう自由さは、同業他社にはない良さではないかと考えています。

  • どういう時にやりがいを感じますか?

    やりがいというのは、自分が成し遂げたいと思い、計画実行し、試行錯誤の結果、成功した時に生まれるもの。思い入れと努力が正比例するもの。たとえ失敗しても、あらゆる可能性を探った結果であれば、失敗でも大きな失敗にはならない。上司や周りからなんとなく言われたからやったというのは、大きな失敗になるだろうけど。

  • 仕事とは、どういう存在ですか?

    主に担当している店舗がいかに円滑に営業できるよう、幅広くサポートをしています。
    売上の管理やイベント毎での店舗の魅せ方、各店舗の新商品の確認や通常商品のチェック、人事面での入れ替えや勤務の見直し等です。
    その他、食材の展示会や新規店舗の交渉など業務は幅広いです。

  • オフの日の過ごし方を教えてください。

    昔からの趣味は鉄道模型。ちょっとずつですが。中学位の時から、日本のNゲージというのが好きで、特に風景を模型にしたジオラマを作るのがたまらなく良いです。出来上がったジオラマを眺めていると、ココロは旅にでた気分になれ癒されます。イギリスでは鉄道模型は趣味の王様といわれてますからね。
    あとは反抗期の娘(笑)と、一緒にパン屋さん、ケーキ屋さん、カフェを、部活も忙しいところ連れ出して、食べ歩き!女の子とでないと行きづらいお店(パンケーキ屋)なんかは、娘にごちそうするから、といっていろいろ訪れています。
    ライバル店のお客様の反応や動向はどうなのかを、つぶさに観察、リサーチしています。この業界は興廃が激しいので、常に業界の動向を実際店舗に訪れ肌で感じ、変わりゆくニーズをいち早くキャッチすることが、生き抜く唯一の手段と捉えています。

  • なぜこの業界を志望しましたか?

    僕は小さい頃から、すごくたこ焼きが大好きで、将来の夢はたこ焼き屋さんでした。その頃はまだまだ甘い考えで、その後次第に大阪の粉ものを使うという職業に興味を持ち、そしていつしかパン屋さんにチャレンジしようと思い立ったのです。きっかけはたこ焼きが原点の粉つながりです(笑)。
    入社当初は凄く忙しい現場で働かして頂いて、スピードが求められました。やっぱり、段取り・スピード・生産性みたいな事を徹底的に教わりました。その頃は無我夢中で作って、仕事終えて遊ぶみたいな、プライベートもきっちり楽しんでいましたが、経験を重ねるごとにパンの奥の深さに魅了されているというのが今の現状ですね。

  • A-1ベーカリーの魅力は何ですか?

    社名の通り品質Aクラスで一番目指す、そういうもの、大切な事だと思いますね。なんでもトップを取るつもりでやらないとね。上にはいけないし、勝ち組にもなられへん。やっぱり名前のごとく業界の頂上目指して行く会社、そういうところに魅力を感じています。

  • 仕事の魅力について教えてください。

    パンというのは毎日表情が本当に違うんです。365日、1日1日気候によっても変わるのですが、それに対して上がってくる生地、その後の工程を経て焼きあがるパンの顔が毎日違うんですよね。そこを極限まで毎日同じ表情のパンが焼き上がるよう追求していく。そこがパン作りの一番の魅力です。
    学校で少ないキロ数なんかをちょっとやってもらって、教科書通りできる。これはいいパンをあげる魅力なんですけど、こういう工場や、大量生産の中での、学校では教えてもらえない、ちょっとしたテクニックを教えるとスタッフたちが、「わあ本当なんや」「昨日と全然違いますね」と表情をキラキラさせている。そういうところにすごく生きがいを感じます。もっとたくさんのスタッフにパンの奥深さを伝えていきたいですね。 所属長の私は、みんなにパンのいろんな事を教えて行く立場。また、お客様においしくて価値あるものをお届して、会社の発展につなげていく。僕らも会社もお客様も嬉しい。そういうことを意識しています。

  • 趣味を教えてください。

    ストレス発散としてやっている事は、釣りです。日本一大きい淡水魚「ブラックバス」を釣るのが趣味なんです。ブラックバスで世界記録(20KG級)のものが琵琶湖であがっているのですよ。僕も世界一の可能性を求めて年に数回チャレンジしています。仕事もプライベートもトップを目指しています!

  • なぜこの業界を志望しましたか?

    もともと「食が好きだったので、ここの会社に来て感じた雰囲気や、先輩方の仕事を見て、とても惹かれ志望しました。
    実際働いてみて思っていたより重労働で、とても大変だなというのが印象的ですね。華やかなイメージがあったのですが、裏を支える現場の苦労や努力がひしひしと感じました。

  • A-1ベーカリーの魅力とは?

    人ですね。私の場合は1年でいろんな部署を経験させて頂いたのですけど、短期間だけしかそこの部署にいないというのはわかっていたのですが、部署ごとの先輩方が皆さん優しく、一からきっちり教えて下さいました。
    主に今の仕事内容は、生地の仕込みから仕上げまで。少しずつではありますが、仕事ができるようになり、毎日が楽しいです。

  • 仕事のやりがいは何ですか?

    「わあ、このパンおいしそう!」というお客様の声が私のエネルギーです!
    その声が聞こえてくると、力が湧いてきます。またまだわからないことだらけで、色々と失もありますが、良かったと思える瞬間ですね。さらにお客様から嬉しい悲鳴を聞けるように日々努力していきます!

  • オフの過ごし方を教えてください。

    オフの時は気ままに過ごしています。休みの少ない飲食業界でもしっかり週休2日あるのは魅力。家の近くを散歩したり、女子っぽくショッピングしたり、友達としゃべったり、おでかけしたりとリフレッシュしています。
    その先々でかわいい小物を見つけたらお店のディスプレイにどうかな、と考えたり、友達とカフェに行って、美味しいものを食べて楽しみつつも自店で活かせるものはないかなと、アンテナをたてて情報収集しています。

  • なぜこの業界を志望しましたか?

    おばあちゃん子だった私は、昔から手作りの料理に親しみを持っていました。うちのおばあちゃんは、おせちとかなんでも自分で作っていたので、私の中ではそれが当たり前でした。私自身、料理を食べるのが好きだったので、なぜA-1ベーカリーを選びましたか?
    高校2年の時に、たまたまグーテの創作スィーツに出会いました。同じ事をするという事が苦手な私にとって、創作のコンセプト=思い思いのものが作れる、という事が、すごく輝いて見えました。そこにアルバイトで入り、そこから学校卒業後に就職させて頂き、今に至っています。

  • 実際働いてみてどうですか?

    社長や部長、上の方との距離間が非常に近いことに驚きました。
    いろいろと任される事や、自分でしたい事がある程度固まっていたら「じゃ、やってみようか」という空気感はすごく楽しかったですね。自分で考えた事が、どんどん実行させて頂いているので、今とても充実しています。

  • 職場環境はどうですか?

    人間関係は、仕事を進める上でもやっぱり大事にしたいところ。A-1ベーカリーは職人気質な人が多いけれども、あまり上下関係が厳しくなく、フラットなところがいいところ。
    上に立った今でも、バイトと社員とは本当に役職こそ違いますけど、休日遊んだりもしますし、休憩中には世間話もしています。

  • 珈琲は奥が深いですか?

    みやび珈琲で店長させて頂いてもうすぐ2年程経ちます。どの仕事でもそうですけど、珈琲の場合はハンドドリップとかサイフォンの珈琲の落とし方や、豆の挽き方で味わいが大きく変わるので、そういった事の追求は、非常にやりがいを感じますね。
    カフェラテなどのラテアートも、ただただ絵を書きゃいいってもんじゃなくて、細かいところにも意味があり、深い。しかしそういったのがすごく楽しい。

  • 仕事で力を入れていることは何ですか?

    大きく製造と接客に仕事は分類されます・キッチンでの作業というのはサンドイッチやグラタンを中心にしたモーニング関係からフレンチトーストなどのスイーツですね。旬の野菜や果物も出てくるので、いろいろと織り交ぜていった季節感のあるメニューを大事にしてやっています。
    ホールにおいては主にドリンクやお料理の提供などのサービス全般なのですが、常連のお客様が非常に多いお店なので、お客様を覚えて、そのお客様ひとりひとりにきめ細かい対応だったりとか、フレンドリーで、且つ、しっかりとした接客を心がけています。
    そのほかにも、ギフトも多いので今後力を入れていきたい。ラッピングやカゴ盛りのギフトは、スタッフの感性に任せています。例えばクッキーとドーナツの組み合わせを提案してもらったり、お客様に喜んで頂けるような内容をスタッフに考えてもらっています。

  • 店長としての仕事を教えてください。

    商品や材料の発注であったり、アルバイトや社員の出勤やお休みなどのシフトの管理。新しいスタッフの教育。新しいメニューの開発によってどういった作業が必要なのか、今現在の作業の見直しなど。
    今はスタッフ育成の為、コミュニケーションをとりながら一緒に考えるようにしています。
    僕自身、中で黙々と仕事をする事ができないタイプので、やっぱりお客様とコミュニケーションをとり、その空間を含めて代金を頂戴する。お客様との親しみやすい空気を意識して仕事をしています。

  • どういうときにやりがい感じますか?

    仕事でやりがいを感じる時は、やはりお客様からのお言葉ですね。帰り間際に「おいしかったよ」「また来るわ」はもちろんですけど、「今日いてるの」の一言だけでも結構楽しくなります。お料理や珈琲の味を覚えて頂いて来て頂けるのもそうなんですけど、そのスタッフ、例えば僕目当てで来るぐらいのお客様が出来てくると凄い楽しいというか。やりがいを感じる時ですね。お料理などの味おいしいのはもちろん、お客様とのコミュニケーションとが総合的に交わらないと。

  • いきいきすること

    基本、食べ歩きなんですよ。休みの日でも、、どこか遊びに行くというよりも、何か食べに行くついでに何かするみたいな。食べにいくのが趣味で、常に敏感に食べ物に関してはアンテナをはっています。食べ歩きのジャンルはいろいろ。よそと違う事している店とか雑誌やテレビで取り上げられたりしている店、友人からのクチコミで知ったりとか、情報源は様々ですが。ジャンルは問わず絶えず刺激を求めています。調理が好きなので、家でもちょくちょく晩御飯を作ったりとかしています。

  • なぜこの業界を志望しましたか?

    接客の仕事が好きで、前職(装飾品販売)を離れるタイミングで。パン業界で働いてみたいなあと以前から漠然と考えていたので、思い切ってこの業界に足を踏み入れました。
    実際、前職とは違うものを扱っていたので、配属された店舗で働いてみると「忙しい!」というのが、率直な印象ですね。

  • 仕事の魅力は何ですか?

    お客様の「ありがとう」の声ですね。くずはグーテは一日1,000人を超えるお客様がいらっしゃる繁盛店なので、初めは嬉しい反面もう毎日、目が回るような忙しさです。しかし慣れてきたら、だんだんお客様と会話する余裕が生まれ、自分のペースで楽しく接客ができるようになりました。
    お客様から「ありがとう」と言われるとすごく嬉しいですね。自分がこの商品を売りたい!と思って売場の陳列やPOPを工夫し、実際お客様の手に取って頂けると、嬉しいなあって思います。

  • 今の仕事内容を教えてください。

    いま店長業務を任されています。人によってやり方は様々ですが、日々の仕事はスタッフにほぼ任せるようにしています。重要な確認作業は行っていますが、勤務スケジュールやパンの製造数の管理も、スタッフに任せています。今は監督のような感じで全体の仕事の流れを見ています。牧羊犬の如く彼らを導くみたいな。
    いかに優秀なスタッフをたくさん育てれるかが僕の仕事。仮に自分がいなくなっても、お店は淡々と回っていくようなシステムを構築しないと、今の時代にはマッチしていないと思います。

  • 店長として大事なことは何ですか?

    店長として、売上の数字はこだわっていますし、結果も出し続けてることは重要です。
    しかし一番大事にしてることはお客様。ひとりでも多くのお客様を覚え、丁寧に接客する努力をしています。ご予約を承ったあと、次回よりお客様のお名前で声掛けすると、喜んで下さいますし何より会話も弾みます。親密な関係性を築きながら、いかにロイヤルカスタマーになっていただくか。それが星の数ほどあるパン屋で生き残る術です。

  • お店の魅力をどうやって伝えていますか?

    焼き立てのパンをアピールするのが一番ですね。パンはやはり焼き立てが一番美味しい。その焼き立てをお客様に試食してもらい、焼き立てのおいしさを実感して頂く。この美味しい魔法の効果は絶大です。「わあ、あったかい」とか言ってもらえるんですよ。それを見た他のお客様も私もひとつ、とお買い上げ頂けるので。スタッフが早朝から一つずつ丁寧に作り上げたパンを、焼き立てという最高の形で味わっていただけるよう工夫しています。

  • オフの日の過ごし方を教えてください。

    オフの時間は子育てですかね。幼い子供が2人いて、すくすくと成長する姿を見守るのが楽しいです。
    おでかけしたりとか、公園いったりとか。何気ない時間ですが、仕事を忘れ、ほんわかリフレッシュできる大切な時間です。

  • なぜこの業界を志望しましたか?

    パスタが大好きで、ちょうど京都のグーテがイタリアンメインのパン屋さんだったのでそこに志望しました。もともと美味しいものや料理が大好きなので、飲食関係を選んだ理由はそれだと思います。

  • 実際働いてみて、どう感じましたか?

    接客という、言葉では簡単そうに聞こえるのですが、実際働くと物凄い忍耐力というか、精神力というか、様々な力が求められます。大変。ただそのひとことです。

  • 仕事の魅力を教えてください。

    沢山の人と関わる事ができるのが、接客業の魅力ですね。出会いと言うのでしょうか、お客様と従業員だけではなく、そこからリピーターになってくださったお客様との日ごろの会話は、接客している人間にしか感じる事ができない特別な瞬間と思います。

  • 仕事の魅力を教えてください。

    アットホームな感じですかね。飲食業にありがちな、物凄い縦社会ではないのが、うちの会社の特徴じゃないかなと思っています。
    上下関係はしっかりありつつも、部長だから、マネージャーだからという感じではなく、言いたい事は言える、聞きたい事は聞けるというか。プライベートでも仲良くできたりもするので、エーワンベーカリーはアットホームなんだと思います。

  • 具体的な仕事内容を教えてください。

    いつもキッチンやホールのスタッフと話をして決めていますが、季節メニューの展開だったり、百貨店の催しに合わせたサービスやメニュー内容の考案です。スタッフの教育(常に美味しいものを、優れたサービスで)をしていくのが自分の仕事かなと思っています。

  • 仕事とは、どういう存在ですか?

    仕事は自分自身を成長させる場所。入社当時よりポジティブに、精神的に強くなれた。
    好奇心も増えてきたし、なぜそうなんだろう?と感じることから様々なことを調べ学ぶ姿勢も見につきました。個人的にすごく成長させてもらったと思っています。

  • オフの日の過ごし方を教えてください。

    休みの日は友達と美味しいものを食べに行ってお話するのが好き。個人的に珈琲とチョコレートが好きなので、おしゃれなお店や人気のお店の情報を聞くと、それを求めにでかけたり。おすすめ?なんだかんだいいながらゴディバのチョコレートはやっぱり手放せないです。サイズと濃厚さがちょうどいい。